【メンズ美容・入門編】化粧水の仕組み

男性でも使っている方が多いスキンケアアイテムの一つに化粧水があるだろう。

多くの方が一度は耳にしたことがあり、使ったことがあると思うがこの化粧水の仕組みをみなさんご存知だろうか?

化粧水の役割

化粧水の主な役割は「肌を整える」ことで化粧水を塗った後に使用する乳液やクリームの浸透を助けるということにある。

つまり、化粧水単体で使ってはいけないのである。

後述するが化粧水の成分のほとんどは水だ。化粧水を塗ると潤った気分になって満足してしまうが、それは顔を水で濡らして喜んでいることと実はあまり違いがない。

当然水は蒸発してしまい、その際に肌は乾燥してしまうので必ず乳液等と一緒に使うこと。

化粧水の成分

化粧水の成分は大まかに分けると4つである。

1.水

化粧水の70-80%は水だ。だから塗れば当然(一旦は)潤う。水がほとんどなので化粧水だけではその後乾燥してしまう。

2.ベース成分

水性成分としてエタノール・BG・グリセリン。

油性成分はホホバ種子油・シア油・オレイン酸・ジメチコンなどがある。

これらの成分によって肌を柔軟にし、整えることで化粧水の後に塗る成分や化粧などが均一に肌に馴染むことができる。

3.機能性成分

美白やビタミンCなど、固有の特色を出すために入れる成分。

シンプルな「化粧水」に様々な効果をアドオンして商品ごとの売りにする。

4.安定化・その他成分

防腐剤や香料など。

開け閉めの際に空気と触れるため防腐効果はほぼ必ず入っている。

化粧水の種類

化粧水の中にもいくつかの機能と種類が分かれている。

下に紹介するが読んだだけではわからないと思うので、店舗にて悩み別で手にとって見てみることをおすすめする。

・一般化粧水

基礎的な成分の化粧水。

コラーゲン、アミノ酸、ローヤルゼリーやヒアルロン酸などを使用して皮膚表面の角質層を潤して整える。

・美白化粧水

名前の通り美白効果のある化粧水。

アルブチン、ビタミンC、ビタミンC誘導体がメラニン形成を抑制する物質。ハイドロキノンなどは皮膚を漂白する作用がある。

・収れん化粧水

毛穴を引き締める効果のある化粧水。

クエン酸やミョウバンを使用する。

毛穴を引き締めることでトーンアップや過剰な皮脂分泌を抑える効果を見込める。

・導入化粧水

化粧水の前に使用する化粧水。

化粧水自体の効果を高めることを目的とする。

・拭き取り化粧水

毛穴の汚れや皮脂を拭き取るために使用する化粧水。

エタノール等を使用して皮膚表面の汚れを除去する。

まとめ

化粧水に多くの種類があり、それぞれの役割が違うことをお分かりいただけただろう。

このページを読んで覚えておいていただきたいことは二つ。

・化粧水には種類がある

・化粧水単体で使ってはいけない

以上、充実した化粧水ライフを送ってほしい!

コメントを残す