【みんなのオリジナル美容法】スキンケア時、ほうれい線を上下にこする。

・オリジナル美容法:30代になり、自分の顔にほうれい線が目立つと感じるようになりました。

面長気味で目下が長く、目下が短い人よりもほうれい線が目立つ気がします。

これに気が付いたときは、ますます自分の顔がいやになってしまいました。

普段の生活を笑顔で過ごすことが多いと、口角が上がり、人に見られる顔についてはほうれい線が隠れるし、顔の筋肉が鍛えられてほうれい線が弱まる気がします。

が、前職を退職して家でひとり過ごすことになり、無表情の時間が増えたためか、ふと鏡で見た時に、以前よりもほうれい線が強くなっている気がしました。

これはまずいと思い、youtubeでほうれい線対策を検索して、ほうれい線を上下にこするとよいというような動画を見つけました。

個人的に、肌への負担を考えて、顔の皮膚を強くこすることは好きではないのですが、試しにほうれい線を上下にこすってみると、数分後、ほうれい線が目立たなくなったように見えました。

お風呂上りに化粧水やクリームなどを顔に塗るときに、左右のほうれい線に各々指をあてて、結構強めに、少し痛いなと感じるくらいに、リズミカルに上下にこすっていきます。

何分と決めていませんが、だいたい3~5分くらいだと思います。

・自分なりの根拠:本革の鞄や靴は、傷がついてしまっても、クリームをつけてこすってやると、傷が目立たなくなります。

考えてみれば、人の皮膚も本革のようなもので、同じとはいかないまでも、こすることでしわが目立たなくなるのかもしれません。

・before/after:このスキンケアは、効果が出るまでに何日もかかるというものではないと思います。

私は、やったその日に、本当にほうれい線が目立たなくなったように思いました。

コメントを残す