【美容・失敗談】海外アーティストに憧れて…

アイテム

リップ

失敗談

当時アメリカに住んでいた私。基本的なメイクはしていたものの、口がベタベタすることに苦手意識がありリップをつける習慣はありませんでした。

しかし、ヒップホップが好きだったこともあり、黒人女性のグラマラスで派手なリップを見ているうちに憧れを抱き、ドラッグストアでとっても可愛い好みのピンクのリップを購入。

いざワクワクしてつけてみたところ、なんだかしっくりこない…。というのも、私が選んだのはショッキングに近い青みの強いピンク色で、黄味の強い私の肌に到底似合う色ではありませんでした。

当時はまだ「自分に似合う色」というものを理解していなかった上に、楽しみにして買ったリップが自分に似合わないと認めたくなくて、何度かそのショッキングピンク色のリップをつけて出かけていました。

端から見ると、リップだけが浮いておもちゃの人形のような顔になっていたと思います…。

アドバイス

唇は顔の印象を決める大事なパーツなので、リップの色を選ぶ時は自分の服装や肌の色に合うものを選びましょう。

コメントを残す