貯金に税金がかかる? 稼いだお金を貯めていく方法とは

前の記事で、所得税について書きました。

 

所得税は毎年の収入に応じて納めるものであって、その年ごとに納付が完了している税金となります。

 

そこで一つ疑問に思ったのですが、所得の再配分が税制度の目的の一つにあるとすれば、毎年の収入を貯めていった「貯金」については税金はかからないのだろうか?という点です。

 

タックスヘイブンなど、税率の低い国などにお金を預ける意味というのはこの貯金の部分に課税がされるからではないだろうかと思いましたので、調べてみました。

 

結論:貯金そのものに税金はかかりません

 

その収入があった年に所得税を払っているので、貯金に対して課税してしまうと二重に税金を払う事となってしまいますので、まあそうだよね良かった。

貯金が好きな方は安心してそのまま置いておいても課税されることは現状ではありません。

※貯蓄税などが導入されたら課税される可能性はあります。

 

ただ、貯金をしていると利子が発生します。

→この利子については20%の課税がされます。(所得税15%、住民税5%)

 

普通預金においての、この課税については源泉分離方式によって行われているので、銀行などの金融機関が予め差し引いた状態で利子の支払いをしています。

 

また、財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄であれば、元本550万円までの貯金における利子分は非課税になります。

→よく、「貯蓄についての節税」などと言うのは、この利子部分のことを指して言っているということです。

 

まとめると、貯金に税金はかからないが、貯金による利子には税金がかかる。ということとなります。

 

別の記事で、普通預金以外の貯蓄の運用にかかる税金と、タックスヘイブンを使う意味について書きたいと思います。

 

 

コメントを残す