給与所得者が利用出来る税制優遇を簡単にまとめる 

この記事ではサラリーマンなどの給与所得者ができる節税をシンプルにまとめてみます。

 

ふるさと納税

→インターネットなどのふるさと納税まとめサイトや市町村HPなどから、「寄付」を行う。寄付をすると、その分の税額が控除されるという仕組みです。ふるさと納税をいくらしたよ、という証明書を持っていくとその金額の一定額(約80%)を確定申告時に控除される。

 

iDeCoなどの確定拠出年金

確定拠出年金という形で貯金(年金に対して拠出)をすると、その金額が所得控除野対象となり、利子についても非課税となります。自営業者などは月68000円。サラリーマンは月23000円まで拠出出来る。年金受け取りの年齢にならないと受け取れない。

 

・NISA

→年間120万円までの購入×5年間分について、利子などにかかる20%の所得税が非課税になる。未成年者を対象としたジュニアNISAや20年間可能な積み立てNISAなどがある。2023年までの暫定的な措置。

 

・各種保険による非課税

→生命保険料控除など。個人年金などでの積み立てについて一定額(年間80000円が最大)の所得控除を受ける事が出来る。

 

・住宅ローンなどの減税

→年末の住宅ローン残高が4000万円を超えている場合は40万円、下回っている場合はその金額の1%を最大10年間所得税からダイレクトに控除される。

 

・医療費など

 

おおよそ、サラリーマンができる税金対策や利用出来る税制優遇をまとめてみました。

使わなければ単純に損、というものも多いので調べて是非活用してみてください。

 

コメントを残す